仮面ライダー40周年記念作品映画!『ついに宇宙決戦大決戦』

子供にとっては待ちに待った夏休み!夏休みの前から夏休みが待ち遠しくてたまりません。「夏休みは何をしようかな~!」「朝はもっとゆっくり起きれる」と夏休みが始まる前から約1ヶ月以上の休みを心待ちにしています。親の方は「あーー。夏休みがくる。」と憂鬱なママの方が多いかもしれません?!昼ごはんを作らなくてはいけなくなるうえ、子供は「どっか連れて行って~~~!!」と娯楽を求めます。遊びに連れ出すのも仕方ない。とは分かっていても、暑い夏休みに子供を連れ出すのは親も体力勝負!プールなど屋外でアクティブに過ごすのも、夏休みならではの楽しみですが何気に『映画館』も娯楽スポットです。夏休みには子ども達が好きなジャンルの映画がまるで夏休みの救世主かのように、封切られます。男の子なら2大ヒーローが楽しめる【仮面ライダーもの】で決まりです。

2014年8月4日公開された【仮面ライダーシリーズ】は『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』【仮面ライダーフォーゼ】の劇場版作品です!

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!

『仮面ライダーフォーゼ』は平成の仮面ライダーシリーズでは第13作目になります。前作の第12作目目が『仮面ライダーオーズ・○○○』の次の作品になります。そして『仮面ライダーフォーゼ』は仮面ライダーシリーズが誕生して40周年とういう記念作品が『仮面ライダーフォーゼ』でもあります。第13作目の『仮面ライダーフォーゼ』のキャッチコピーが『宇宙キター!』なので、劇場版ももちろんフォーゼのキッチコピーそのままに『みんなで宇宙キターーッ!』が映画のタイトルに入っています。

なんといっても『仮面ライダーフォーゼ』は宇宙がテーマです。「仮面ライダーフォーゼ」が放映された年は、「地球は青かった」の言葉で有名なソビエト連邦のパイロット、ユーリイ・ガガーリンが中へ宇宙へ行ったまさに人類初の有人宇宙飛行から50年後が「仮面ライダーフォーゼ」放送の年です。それだけではなく、スペースシャトル退役といった宇宙に関係する話題も多くあった年ということもあって仮面ライダーフォーゼは、『宇宙』がテーマになった仮面ライダーとなっています。

そしてテレビシリーズよりもやはり劇場版は予算が違います。テレビ版とは違って、かなりスケールアップした作品になっているので、仮面ライダーフォーゼのテーマ『宇宙』もさらにスケールアップして描かれていて、ストーリーもテレビ版から1年の集大成として、友情と絆が熱く描かれています。そして東映の特撮作品では初!となる本格的なCGが採用されています。本格的なCGで描かれる衛星兵器・XVIIの破壊力の破壊力は映画ならではの迫力満点の作品です。『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』は、ストーリーよりもCGで描かれるダイナミックな戦闘シーンを楽しむ作品の仕上がりになっています。

今までの『仮面ライダー』映画と同じように、この作品で初登場ホームとなる”仮面ライダーフォーゼメテオフュージョンステイツ”が初登場するだけではありません。『仮面ライダーフォーゼ』の次回作品『仮面ライダーウィザード』から”仮面ライダーウィザード”も劇中で先行登場しています。

『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』登場人物

  • 仮面ライダーフォーゼ:如月 弦太朗(きさらぎ げんたろう)・・・福士蒼汰:リーゼントに短ランの昭和時代のようなツッパリスタイル。
  • 歌星 賢吾(うたほし けんご)・・・高橋龍輝:歌星賢吾の亡き父親が所属していた“外宇宙技術開発機構OSTO”を受け継いでいる団体がこの映画で存在していることが発覚。
  • 城島ユウキ(じょうじま ゆうき)・・・清水富美加:仮面ライダーフォーゼでのヒロイン的な役割。宇宙飛行士になって宇宙へ行くことを夢見る宇宙オタク。
  • 仮面ライダーメテオ:朔田流星(さくた りゅうせい)・・・吉沢亮:メテオドライバー・ストロスイッチを使って変身するライダー。
  • 風城美羽(かざしろ みう)・・・坂田梨香子:財閥の令嬢でチアリーダー部の部長。
  • 大文字隼(だいもんじ しゅん)・・・冨森ジャスティン:アメフト部の元部長。父親から学んだ帝王学のせいか、キザな言動をすることがあり敬礼のポーズをする癖あり。
  • 野座間友子(のざま ともこ)・・・志保:フォーゼを仮面ライダーと呼んだ初めての人。常にタブレットも持ち歩いて、IPアドレス・携帯電話などの解析をしているため、コンピューター関連の知識はすごい。
  • JK(ジェイク)・・・土屋シオン:キメのポーズは、両手をクロスして自分のイニシャルを手先で作る「JK」。
  • 大杉忠太(おおすぎ ちゅうた)・・・アンガールズ田中卓志:見た目も性格も残念な中年教師で、サスペンダーを愛用。地学担当の生活指導主任。
  • 小松種夫(こまつ たねお)・・・アンガールズ山根良顕:大杉とおなじく、天ノ川学園の教員。大杉と仲良しでも、仮面ライダー部については何も知らない。
  • 財団X幹部・・・成嶋涼:「仮面ライダーW」「フォーゼ&オーズ」にも登場。死の商人とも言われる闇の組織の人物。
  • OSTO Legacy・・・宇宙技術開発機構つまりOSTOの後継組織とされる団体。仮面ライダー部へXVIIの破壊と宇宙鉄人の排除を依頼する。
  • 冴葉 晴海(さえば はるみ)グランダインの声・・・岡田 浩暉:OSTO Legacyの本部長で、いつもローラースケートを履いている。仮面ライダー部の秘密活動を知っているため、XVII破壊を依頼する。
  • 白山 静(しろやま しずか)・・・木下 あゆ美:OSTO Legacyの本部長秘書冴葉の女性秘書で、仮面ライダー部のXVII破壊任務に同行。
  • インガ・ブリンク:アリシア連邦の破壊工作員 ・・・ 原幹恵:女性格闘家でもあり、漆黒の衣類を身にまとっている。仮面ライダー部の宇宙への出発を妨害する。
  • ブリンク博士:アリシア連邦の科学者・・・西田健:インガ・ブリンクの父親。宇宙鉄人やXVIIを開発した。
  • 我望光明:天高の理事長・・・鶴見辰吾:NASAやロシア連邦宇宙局など、国内外の宇宙開発組織とも拾いコネクションを持ちつつも、ホロスコープの司令塔という裏の顔も併せ持っている。

あらすじ

天ノ川学園高等学校に、オスト・レガジーなるOSTO Legacyなる組織の本部長秘書の白山静が学園に現れたことから始まります。OSTO Legacy:オスト・レガシーと言う団体は、宇宙の平和を守る組織で、歌星賢吾の亡き父親が在命中に所属していた“外宇宙技術開発機構OSTO”を受け継ぐ団体がOSTO Legacy:オスト・レガシーです。

仮面ライダー部に本部長秘書はある依頼をします。彼女の依頼とは、アリシア連邦が開発したアリシア連邦が開発した『XVⅡ』という人工知能が搭載された軍事衛星砲の破壊でした。なんでも本部長秘書が言うには、彼女の上司でもあるOSTO Legacy:オスト・レガシー本部長の冴葉は、以前から仮面ライダー部の活躍を良く知っていたため、仮面ライダーフォーゼと仮面ライダーメテオの超絶的な能力なしではこの案件を達成することが難しい。ということからの依頼でした。

アリシア連邦が開発した『XVⅡ』は、宇宙に浮遊しているもうすぐ完成真近でもあり、この衛星兵器『XVⅡ』とアリシア連邦製の宇宙鉄人「グランダイン」と「スカイダイン」の破壊も依頼するという内容でした。

依頼を受けた仮面ライダー部は、詳しい話を聞くために、OSTO Legacy:オスト・レガシーの本部へと移動しますが、そこヘインガ・ブリンクとインガ・ブリンクを護衛している宇宙鉄人ブラックナイトが襲いかかってきます。なんとか襲われたものの、撃退してOSTO Legacy:オスト・レガシーで軍事衛星兵器『XVⅡ』の説明を受け、高ミッションを達成するには、フォーゼ&メテオだけではかなりミッション達成は難しいということになり、弦太郎・流星・そして他の仮面ライダー部員達も勢ぞろいして宇宙へ行くことになりました。

彼らの前はミッションを遂行することができるのでしょうか?!ミッションの説明を受ける中で、弦太郎だけは持ち前の持論を展開します。『知能があるなら、衛星兵器とだって友達になれるはず!!」さて、仮面ライダー部の全員は初めて自分たちの力だけで挑むことになった『本格的な宇宙バトル』に勝利することができるのでしょうか?!

衛生兵器『XVⅡ』とは?

衛星兵器『XVⅡ』を開発したのは、アリシア連邦のブリンク博士。衛星兵器でありながらも、兵器自身が自我を持っている宇宙鉄人でもありその究極の型でもある存在が衛星兵器『XVⅡ』です。映画のストーリーが始まった段階では、まだ未完成ということもあって、アリシア連邦で開発された宇宙鉄人の兄弟「キョーダイン」は『XVⅡ』の完成を目指して躍起になっています。

『XVⅡ』の外装には、いろいろな武装兵器が設置されているだけではなく、内部には侵入者を排除するための機能も搭載されています。なんでも過去には衛星軌道上から放った不完全な火力の超重力子砲だけで、太平洋の上に浮かんでいる島を消滅させることができたとも言われいます。内部にはキョーダインの活動を抑制するための装置、妨害電波発生装置も組み込まれています。それは、『XVⅡ』の心臓部でもあるメインコンピューターのブレインですが、『XVⅡ』を開発したブリンク博士によって、ブレインでもあるメインコンピューターはキョーダインの能力を封印していました。

ところが、インガ・ブリンクの父親で衛星兵器『XVⅡ』を開発したブリンク博士は、覚醒したキョーダインによって抹殺されてしまい、キョーダインのブレインの封印は破壊されブレインはキョーダインにのっとられることになります。ブリンク博士の娘でアリシア連邦の破壊工作員のインガ・ブリンクは、流星と同じ「星心大輪拳」という格闘術を見事にこなす女性格闘家でもありますが、仮面ライダー部が宇宙へ出発するのを阻止しますが、その理由はキョーダインの覚醒を阻止するためでした。仮面ライダー部が宇宙へ行くのを阻止するため、ブラックナイトとホロスコープスイッチを強奪して仮面ライダー部の行く手を阻みます。

XVII ワンセブンフォーメーション

『XVⅡ』が大変形した形。戦闘形態をとる超巨大なロボットで、衛星軌道上からでも地上に攻撃することが可能な「グラビトン」なる超重力子砲を発射します。

大きさは、全長2000メートルで重量は測定不能の超巨大ロボット。

キョーダイン

アリシア連邦で開発された宇宙鉄人の兄妹がキョーダインです。兄がグランで妹がスカイです。キョーダインの動力源はコズミックエナジー。コズミックエナジー利用することで、ホロスコープスと同じくダスタードを生み出すことができます。キョーダインの必殺技としては、握り合わせた手を突き出して放つ重力光線「グラヴィトンXブラスター」があります。

兄:グランダイン

コズミックエナジーを利用して開発した宇宙鉄人の1体で、その正体は冴葉晴海です。身長は234cm、体重は232kg。剛力で敵を攻めるパワーファイターでもあり、腕にはビーム発生器「グランブラスターX」を内蔵。

ブリンク博士が自身の死の間際に、宇宙鉄人の力を封印したことで、人間として活動することが余儀なくされていました。人類へ反逆行為を実行に移すために軍事衛星兵器の『XVⅡ』の完成を急いでいます。

グランダインは自分達以外のすべての存在を上から目線で見下しているため、他の存在をすべて排除しようとするため、冷酷極まりない性格の持ち主でありながら、妹のスカイダインだけには愛情を寄せている側面もあります

「チェンジ・グランカー」のコールで変形するのは、宇宙装甲車の「グランカー」です。グランカーは優れた走破性を誇るため、体当たりの地上重量戦が得意です。スカイジェットを搭載するため、カタパルトが装備されいます。

スカイダイン

コズミックエナジーを利用して開発した宇宙鉄人の1体で、その正体は白山静香です。身長は228cm、体重は209kg。スピードとテクニックをホコリ、両腕には折りたたみ式カッターの「スカイカッター」を内蔵。

グランダインと同じく、スカイダインもブリンク博士の手によって人間としての活動を余儀なくされていました。兄グランダインと共に目覚めて、人類への反逆を企てていきます。

「ゴージェット」のコールで変形するのは、宇宙戦闘機の「スカイジェット」です。スカイジェットは優れた飛行性能を発揮します。そして高速飛行で突進したり装備している小型ミサイルのスカイミサイルで戦います。

宇宙イケーーッ!